お腹の赤ちゃんとお母さんをつなぐ、 万華鏡のように奏でる神秘の音色

妊娠5カ月頃からお腹の赤ちゃんは お母さんの声や外の世界の音がきこえてきます。 古くは瞑想の道具としても使われ、オルゴールの起源とも言われる美しい音色。赤ちゃんが眠るお母さんのお腹の上を転がることでその音色を奏でます。

生まれてくるまでの特別な時間を赤ちゃんとお母さんをつなぐオルベルとともにお楽しみください。

音の万華鏡

オルベルの音を聴く

ギフトに最適なパッケージ

生まれてきた赤ちゃんとの コミュニケーションにも

お腹の中にいた時に聴いていた音が聴こえると、外の世界に出てきた赤ちゃんも安心できます。オルベルを手元に、赤ちゃんにお腹にいた時のことを話してあげましょう。

お母さんにとっても大切な思い出に

妊娠中やお世話の大変な時期に聴いていたオルベルは、お母さんにとっても一生大切な宝物になります。お子様が大きくなった後にも、オルベルの音を聴いて当時の思い出を振り返るきっかけになります。

すべて職人の手作り

金属細工職人がひとつひとつ丁寧手作りしており、この世に二つと無いあなただけの音をお届けします。
※手作りのため個体差や細かな傷があることをご了承お願いいたします。